• ブラックTwitterのアイコン
  • ブラックFacebookのアイコン

© 2019 by Tokyo Inc.

エレベーターとギャラリーにまつわる10の豆知識

February 2, 2017

①日本全国にはエレベーターが66万台存在する

 

ということは、そのうち5万台に広告を出稿できて、月2万円の広告収入が入るとすると、それだけで年商100億円を超える会社になるわけですね。

 

 

②そのうち首都圏だけで23万台存在し、うち16万台が東京都にある

 

約4分の1が首都に集中しているわけです

 

 

③新しいエレベーターを導入するのに、

小型(6人乗り)のものだと1000万円、

大型のものだと5000万円かかる

 

 

④エレベーターの耐用年数は一般には20年だが、保守点検をしている場合は30年

 

 

⑤エレベーターは世界全体で70-80万台増えていて、その増加分の半分以上が中国

日本にある分だけのエレベーターが毎年世界では増えているんですね、、、恐ろしい。。。

 

 

⑥国内にはエスカレーターは7万台あって、毎年1000台ずつ増えている

 

エレベーターの10分の1もあるなんて僕は正直ビックリしました

 

 

⑦国内のエレベーター市場シェアは、

三菱エレベーターが3割強、

日立エレベーターが3割、

東芝エレベーターが2割強で

この三社にオーチスとフジテックを加えると国内市場の9割を占める

 

 

⑧世界シェアではオーチスとシンドラーが2強である

 

 

⑨国内のアートギャラリーの総売上は約1500億円

もっと盛り上がって欲しいものです

 

 

⑩2-8の法則を適用すると、

年間売上高1.5億円のギャラリーが200箇所、

年間売上高5千万円のギャラリーが800箇所あることになる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事
最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

January 30, 2018

January 11, 2018

March 16, 2017

February 24, 2017

February 23, 2017

Please reload

アーカイブ
Please reload