エレベーターとギャラリーにまつわる10の豆知識

①日本全国にはエレベーターが66万台存在する

ということは、そのうち5万台に広告を出稿できて、月2万円の広告収入が入るとすると、それだけで年商100億円を超える会社になるわけですね。

②そのうち首都圏だけで23万台存在し、うち16万台が東京都にある

約4分の1が首都に集中しているわけです

③新しいエレベーターを導入するのに、

小型(6人乗り)のものだと1000万円、

大型のものだと5000万円かかる

④エレベーターの耐用年数は一般には20年だが、保守点検をしている場合は30年

⑤エレベーターは世界全体で70-80万台増えていて、その増加分の半分以上が中国

日本にある分だけのエレベーターが毎年世界では増えているんですね、、、恐ろしい。。。

⑥国内にはエスカレーターは7万台あって、毎年1000台ずつ増えている

エレベーターの10分の1もあるなんて僕は正直ビックリしました

⑦国内のエレベーター市場シェアは、

三菱エレベーターが3割強、

日立エレベーターが3割、

東芝エレベーターが2割強で

この三社にオーチスとフジテックを加えると国内市場の9割を占める

⑧世界シェアではオーチスとシンドラーが2強である

⑨国内のアートギャラリーの総売上は約1500億円

もっと盛り上がって欲しいものです

⑩2-8の法則を適用すると、

年間売上高1.5億円のギャラリーが200箇所、

年間売上高5千万円のギャラリーが800箇所あることになる


特集記事
最新記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...